良い汗をかく体に改善しよう

におわない汗をかく体に、なりたいと思いませんか?
現代人には汗がくさい人が多いですが、その原因は「汗腺機能が衰えているため」と言われています。運動不足、エアコンの多用、お風呂よりもシャワーを好む・・・などの理由から、体の汗をかく機能が低下しているために、汗がくさくなりやすいと言われています。
つまり、体の汗腺機能を高めることで、においにくい汗をかく体になれるわけです。
ここでは、良い汗をかくための対策を紹介します。

なぜ違う? 悪い汗と良い汗

悪い汗とは、ベタベタしてどろっとした、においやすい汗のこと。
一方の良い汗とは、さらっとした、においにくい汗のことです。

汗の成分には本来、水・ミネラル・においの成分などが含まれています。
体の汗腺機能が十分に働いている場合は、汗をかくとミネラルとにおい成分は汗腺から再吸収されていくために、水分だけが残り、においにくい汗になるのだそうです。

しかし、体の汗腺機能が衰えている場合は、ミネラルとにおい成分は汗腺から再吸収できません。すると、汗にはミネラルやにおい成分が残ったままで、細菌と結びつくと、におうようになるのです。
つまり、汗腺を鍛えることこそが、良い汗をかく体になるための方法です。

現代人は、エアコンを使い、お風呂よりシャワーを好み、体も動かさない・・・という生活を送ることが多く、汗をかく機能が衰えている人が多いようです。よって、におう汗をかく人が多いわけです。

においにくい汗をかく体に!その対策とは

におわない良い汗をかくためには、日頃から「汗をかくトレーニング」をすることが必要です。

積極的に体を動かす

ウオーキングや有酸素運動などの運動を習慣にして、汗をかける体をつくります。

体を温める食品をとる

体を温かく汗の出る体質にするためには、「食べ物は温めて食べる」ことが大事です。加熱調理した料理を、温かいうちに食べましょう。
また、日頃から体を温める食品をとることで、汗をかきやすい体質をつくることができます。

@飲み物
夏でも温かい状態で飲むようにしましょう。「しょうが紅茶」は体を温めるのでおすすめです。氷を入れた飲み物や冷えたビールなどは、体を冷やしますのでほどほどに。
@野菜とくだもの
一般的には、寒い地域で採れる食べ物は体を温め、暖かい地域で採れる食べ物は体を冷やすと言われています。(例)果物では、パイナップルは体を冷やし、さくらんぼやりんごは体を冷やしにくいものです。
また、土の下(中)で育つ野菜は、体を温める性質を持っています。根菜類やイモ類などです。
調味料や香辛料では、塩、コショウ、唐辛子などは体を温めて発汗を促します。ネギやショウガも体を温める食材です。

半身浴

胸のみぞおちから下の下半身だけ、ぬるめのお湯に浸かる入浴方法です。お湯の温度は37~38度くらい。20~30分の間ゆっくりと浸かります。
半身浴は、血液循環を促進し、発汗作用の効果の高い入浴法です。高温で長時間入るサウナよりも、体に負担が少なく健康的です。

半身浴をする前後は、しっかり水分を補給することが大事です。
また、発汗作用のある入浴剤を使えば、さらに効果が期待できそうです。

入浴後は、エアコンで汗をとめない

体の汗腺機能を鍛えるためには、入浴後に出てくる汗を無理に引かせようとして、エアコンで体を冷やすのはやめましょう。汗を出して、自然に汗が引くのを待つのがいいでしょう。

ページトップ