営業職のにおいマナー

最近では、女性の営業職も増えています。
営業職は、自分の会社の製品やサービスの魅力を、相手に説明し、売り込むのがお仕事です。
つまりは、相手あってのお仕事。
相手が抱くあなたの印象が、あなたの会社の印象となります。
ですから、社外の方と会う機会の多い営業職は、まずは相手に信頼と好感をもってもらえる身だしなみやマナーが、大事になります。
清潔感のある服装やメイク、ネイル、磨かれた靴などの身だしなみはもちろん、自分の出す「におい」にも、十分に気を配る必要があるでしょう。

営業成績にもつながる?「においマナー」

営業職の女性は、「においのマナー」にも気を配りたいものです。
不快なにおいがする営業さんには、いい印象は持てないものです。ニオイ対策を万全にすることで、相手からの好感度も高くなるでしょう。においマナーが、営業成績につながるかもしれません。

香水

一般的にビジネスの場では、強い香りの香水などは避けましょう。香水をつけるなら、爽やか系のものを選び、ほんの少しだけつけるといいでしょう。微香を心がけるべきです。
自分の体臭を、香りの強いフレグランスで隠そうとすると、香水を多くつけてしまいがちになるので注意です。香水が「香害」となる危険性があります。

ワキ、足、頭

営業職は、暑い夏に外を歩き回ったりしますから、汗をかきやすい仕事です。その汗をそのままにしておくことで、ワキや頭、足などから嫌なにおいがすることもあります。 汗対策をとりながら、うまくにおいに対処していきましょう。

体臭ケアのポイントは、まず体を清潔に保つことです。
朝晩のお風呂やシャワーで汗をしっかりと洗い流すことが、体臭ケアの基本。
そして、仕事中に汗をかいたときは、消臭効果のある汗ふきシートで汗を拭くことが、確実なにおいケアとなります。ほかにも、微香性の制汗スプレーなどがあります。

口臭

営業職は、相手と対面して話をする仕事ですので、相手と接近することになります。やはり、口臭には、気を配りましょう。

空腹時は、口臭がしやすくなりです。朝食を取らなかったり、忙しくてランチを抜いたりしたときは、空腹のせいで口臭がしている可能性があります。また、ダイエットをしている女性も多いと思いますが、ダイエットで空腹状態が続いているときは、口臭にも注意です。自分の口臭にはなかなか気づけませんので、気をつけましょう。

また、食事の後のにおい(口臭や衣服への移り香)、タバコのにおい(口臭や衣服への移り香)などにも注意しましょう。
今は喫煙する人が減り、タバコのにおいに嫌悪感を抱く人が多くなっています。商談中の相手に、タバコのにおいで不愉快な思いをさせない配慮は必要です。
タバコのにおいは、衣服や髪にもつきます。
前日の夜にお酒を飲んだときは、翌日になっても口からアルコールのにおいがすることもあります。
仕事で人と会うときなどは、口臭をリフレッシュできるマウスケアをしましょう。

ページトップ