管理職のにおいマナー

最近は、女性の管理職も増えているようです。
管理職は、部下を管理・指導していく立場にありますから、まずは自分が部下の「お手本」とならなくてはいけません。
仕事面のスキルや身だしなみはもちろん、「においマナー」についても、部下たちのお手本になるように、心がけていきましょう。

部下のお手本として、「においマナー」を

女性は、自分のつける香りにこだわりを持つ人は多いですが、仕事をする女性は自分の放つにおいにも気を遣えるといいですね。
自分のにおいで周りに不快感を与えたり、それがもとで仕事面に悪影響を及ぼしてしまわないように、「においマナー」はビジネスマナーと捉えていきましょう。
身だしなみやにおい対策を意識している管理職は、部下からの好感度も高いはずです。

口臭

職場で気になるにおいといえば、「口臭」をあげる人が多いようです。それは、口臭被害を受けている人が、いかに多いかを物語るものです。
口臭は、自分で息を吐いてそのにおいをチェックしようとしても、なかなか感じにくいものです。「自分の口臭は大丈夫」という過信をしないで、しっかりと口臭ケアをしていくことをおすすめします。
また、喫煙による口臭も嫌なものです。
特に女性の口から感じるタバコのにおいは、女性としてあまり美しいマナーとはいえません。たばこを吸っても、きちんとにおい処理ができる女性は、仕事もきちんとできる上司という印象があります。だらしのない上司、と部下から思われないように、タバコを吸うなら口臭ケアをしましょう。

ワキ

特に夏になると、女性でもワキ汗が気になります。汗じみなども、あまり美しいものではありませんが、汗はほおっておくと、細菌と組み合わさって、不快なにおいに変わっていきますので、ワキ汗対策はお忘れなく。
女性はノースリーブになることもありますので、においには気をつけなければなりません。

香水・化粧品

化粧品、ボディケア製品を使用するときは、つける量を考えましょう。香りのきついものもありますし、つける量でにおいが強すぎて迷惑になることもあります。要は、微香を心がけるべきです。
香水も同じです。香水のつけすぎはタブーです。

化粧品などに使われる香料は、香りが強すぎると、他人の迷惑になります。においというのは次第に慣れてしまうものですから、自分のにおいが他人の迷惑になっていることにも、気づけないことが多いのです。
エレベーターや車の中など、密閉された空間では非常に迷惑になります。
自分の体臭を隠すために、たくさん香水をつける女性がいますが、体臭を消すためには、清潔にすることが一番の基本。その上で汗対策をすることです。香りをつけるなら、微香を心がけてください。

女性は、足のにおいで悩む人は多いです。
通気性の悪いストッキングや、密閉性の高いブーツなどで、足の蒸れやすい環境があるからです。
足を清潔にするのはもちろんですが、履いている靴がにおいの原因になることもありますので、靴の中の除菌や消臭ケアもマメにしていきましょう。

女性特有のにおい

月経時の血液は、酸化すると鉄さびのようなにおいが強くなります。生理用品をこまめにとりかえることで、このにおいを防ぐことができます。
また生理周期によって、体臭のにおい方が変わってきます。月経前になると、ワキなどの体臭が強くなる・・・という人もいます。自分の体の傾向を知って、体臭ケアをしていくといいでしょう。

ページトップ