お仕事別においマナー(他接客業)

接客業は、お客様と対面する職種です。お客様との距離が自然と近くなりますから、身だしなみも細部にわたるところにまで見られることになりますし、自分のにおいもお客様に伝わっていきます。
自分のにおいにも気遣うことが、お客様に対してのマナーです。

感謝の心で、「においマナー」を実践

販売などの接客業は、お客様に良い印象を与えることが、仕事をうまく進めるための条件となるようです。においで、お客様に嫌悪感を持たれることのないように心がけましょう。
接客業の基本は、感謝だとか。感謝を持ってお客様をお迎えしようと思えば、においマナーは自然と身につくはずです。

口臭

接客する際は、お客様との距離が近くなります。話をするときに、自分の口臭で失礼がないように心がけましょう。
食後には歯磨きを。お客様の前に立つときは、口臭ケア製品を使って口臭を防いでもいいでしょう。
タバコを吸う人は、休憩時間にタバコを吸ったら、髪や衣服はもちろん、口からにおいがしないように気を付けてください。

ワキ

体臭には注意したい接客業ですが、特に夏になると気になるのが、ワキからのにおいです。女性でも夏は汗をかきやすいので、汗の多く出るワキは、特ににおいの生まれやすいところです。
お客様に嫌な思いをさせないように、制汗スプレーや汗ふきシートなどで、においを対処しましょう。

香水・整髪料

女性でも、自分の体臭を香水で隠そうとする人がいますが、接客業でプンプンと香水の香りをさせるのは、マナー違反です。
また、整髪料などのにおいにも気をつけましょう。タイプによっては、強烈ににおう製品もあります。
香水も整髪料も、微香を心がけましょう。

ページトップ