医師・看護師のにおいマナー

医師や看護師は、自分のにおいにも十分に気をつけなければなりません。
患者さんの中には、その容態や施されている治療によって、においに敏感になっている方がいます。患者に不快感を与えないためにも、治療に携わる者としての心がけとして、自分のにおいにも注意していきましょう。

無臭が一番と心がけて、「においマナー」を

医師も看護師も患者さんに触れるほど接近しますから、口臭・体臭をなくすことは、医師や看護師のマナーといえます。
患者さんの中には、病気や治療によって、においに敏感になっている方もいます。
医師や看護師の口臭、体臭だけでなく、化粧品のにおいやタバコのにおい・・・なども、敏感に感じ取って、気分を悪化させてしまうこともあるので注意すべきです。
そして基本的には、香水はタブー。女性の場合、医療現場でも香水をつけている人もいますが、注意した方がいいでしょう。無臭がいちばんです。

タバコ

医師や看護師は、他の職種に比べると喫煙率が高いと言われているとか。
しかし、タバコのにおいをさせながら患者に接するのは、あってはならないことです。
病気の大きな原因となっているタバコを、健康になるための医療を施す医療従事者が吸っていること自体、患者側から見たらおかしなこと。それこそ、病院への不信感にもなりかねません。
休憩中にタバコを吸ったら、口臭、髪の毛、白衣からもタバコのにおいがするものだと理解して、デオドラントケアをしていきましょう。

香水、化粧品

病院勤務の女性の場合、過度の化粧、香水はタブーです。
患者さんの容態によっては、化粧や香水のにおいを不快に感じることがあるためです。
病院では夜間勤務などで長時間労働をするため、シャワーやお風呂などにも、思うように入れないこともあります。気になる汗のにおいを、香水などで隠したいという人もいるのかもしれません。その場合は香水を使うのではなく、汗取りシートなどで汗を拭き、消臭製品でデオドラントケアをしましょう。

口臭

医師も看護師も、患者さんに触れることの多い仕事です。接近した状態での対応が多くなりますので、口臭には注意です。
口臭は自分でも気づきにくい・・・ということを知っておけば、マナーとして常に口臭ケアをしようと思えるはずです。
空腹時にも口臭があります。ダイエット中の人や忙しくて食事ができないときなどは、要注意です。
マウスウォッシュや歯磨きなどで、口臭ケアを心がけてください。

体臭(ワキ、足、頭)

嫌いなにおいで、さらに体調を悪くしてしまうこともある患者さんのことを考えたら、医師や看護師は、自分の体臭にも十分に気を付けなければなりません。
汗の臭いには注意しましょう。
女性でもワキに汗をかきやすい人は、要注意です。汗のにおいを発しないように、制汗スプレーや汗ふきシートなどのデオドラント製品を使って、対策をとりましょう。
足も頭も同じです。清潔にすることが、におい対策となります。
足のにおい対策には、足用の制汗剤もおすすめです。また靴のにおいは、靴用の消臭製品でケアしましょう。頭のにおいは、シャンプーでケアできます。

ページトップ