介護士のにおいマナー

高齢者や障がいのある方の、食事や入浴、排泄など、日常生活のサポートをする介護士。
相手と接近して仕事をしますので、気をつけなければならないのは「におい」です。
介護される側からしたら、介護してくれる人のにおいは、もっとも気になる部分なのではないでしょうか。しかし、自分を介護してくれる人に、「あなた、くさい」とは言いにくいもの。
介護の仕事も、思いやりの心がその土台にあります。
相手を思う心で、よりよい介護をするための、におい対策をしていきましょう。

介護される人の気持ちになって、「においマナー」

介護職は他の職種に比べて、「見られている」という意識が低くなるせいか、身だしなみがルーズになる介護士もいるようです。
しかし、介護の技術だけでなく、言葉遣いなどのマナーや清潔感ある身だしなみがそろって、いい介護サービスを提供できるのです。
女性ならば、相手を傷つけないためにもアクセサリーは避け、邪魔にならないヘアスタイル、清潔で動きやすい服装が必要です。そしてもちろん、相手に不快にさせない「においのマナー」も心得ていきましょう。

口臭

高齢者の中には耳が遠い方もいて、話をするときに耳に近づけて話をすることもあるでしょう。
それでなくても、介護の仕事では相手との距離が近い状態となりますので、口臭には注意です。
くさい息を感じると、介護してもらっている有難さも半減してしまうかもしれません。

タバコ

タバコを吸う人は、自分の口や衣服からタバコのにおいを消すための対策をしましょう。
嫌煙家は、わずかなタバコのにおいをも感じ取って、不快な気持ちになるものです。
マウスウオッシュや歯磨きなどをして、口臭対策をしてください。

ワキ

女性でもワキのにおいをさせている人はいます。
特に夏になると汗をかきやすくなるために、ワキからのにおいには注意したいものです。
汗そのものは無臭ですが、皮膚上にいる細菌と結びつくと、においを発生させていきますので、ワキのにおいは汗対策が肝心。
制汗スプレーや汗ふきシートなどでデオドラントケアをしましょう。

頭は汗をかきやすい箇所です。
頭皮から出る強いにおいは、フケなどに細菌が結びつくことから生まれます。
頭のにおいを防ぐためには、毎日シャンプーをして頭皮を清潔に保つことが大切です。
また、頭髪につくにおいにも注意です。
たとえば、タバコのにおい、焼肉などのにおい。髪ににおいがうつって、周囲に香りが伝わっていきます。香りの強い整髪料のにおいなどにも、気をつけましょう。

靴を脱いで介護をするとき、足のにおいが強くすると気分が良くありません。
足用の制汗剤を使って、におい対策をしましょう。
また、靴の中のにおいは足にうつるので、靴の消臭対策もした方がいいでしょう。

香水

介護の現場では、香水はすすめられません。
どうしてもつけるなら、微香を心がけましょう。

ページトップ