ワキ

汗をかくシーズンになると、女性でもワキの汗、ワキのにおいが気になります。
体臭というのは、意外に自分では気づきにくいという難点があるので、ワキに汗をかいている自覚があるときは、においを疑ってみるといいかもしれません。
夏になると、特ににおいは強くなり、人に不快感を与えてしまいます。

ここでは、主にワキのにおいの原因についてまとめました。

ワキのにおいの原因とは

私たちが汗をかくとき、汗は汗腺から分泌されます。
汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があり、全身の皮膚上にあるのがエクリン腺、ワキ下や外陰部など体の一部分にあるのがアポクリン腺です。
そして、それぞれの汗腺から分泌される汗には、その成分に違いがあります。

エクリン腺から分泌されている汗は、そのほとんどが水分で、サラサラしています。
アポクリン腺から分泌される汗は、脂肪、たんぱく質、糖質、鉄分、アンモニアなどを含んでいて、ややネバネバしています。

どちらの汗も最初は無臭です。しかしアポクリン汗腺が出す汗が、皮膚にある菌と結びついて分解されると、刺激臭を発生させていきます。これが、ワキのにおいの原因です。

対策

ワキの下をいつも清潔にすることが、におい対策の基本となります。
ワキに汗をかいたら、汗ふきシートなどでにおいの元になる汗を拭きとりましょう。
また女性なら、ワキ毛の処理をすることは、ワキのにおい対策にもなります。ワキ毛があると、雑菌を繁殖させやすくなり、においの原因にもなります。

ワキ用のデオドラント商品を使用して、においケアをするのもおすすめです。
気軽に使用されているのは、消臭スプレーや制汗スプレーなどでしょう。
軽いにおいならこれでも効果は期待できますが、高い効果を期待したいときやワキガなどの場合は、クリームタイプ、ストーンタイプなどの消臭制汗剤をおすすめします。
においを元から防ぐ抗菌効果と、毛穴を引き締めて汗を抑える効果がある「デオナチュレ」は、朝使用するだけで夜まで効果が続き、持続性があるので、人気のようです。

ワキガ

ワキの下からのにおいが強烈な場合、ワキガかもしれません。また、着衣のワキの下部分に黄色い染みができる場合は、ワキガの可能性があります。

女性はワキガで悩んでいる人は多いそうです。
なぜなら、男性よりも女性はアポクリン汗腺が多くあるのだとか。
においの元になる汗は、このアポクリン汗腺から分泌されているわけですから、女性はそういう意味で、ワキガにもなりやすいのかもしれません。

ワキガが気になる場合は、一度専門医に相談してみるといいでしょう。

緊張汗

緊張して汗を異常にかいてしまうことが、ワキのにおい、ワキガの原因になっているケースもあります。
緊張すると手や足、ワキなどに汗が異常に出てしまう症状を、「緊張型多汗症」「発汗恐怖症」と呼んでいるようです。

こうした症状がある場合も、一度専門医に相談してみるといいでしょう。

ページトップ