もともとの体臭

私たち日本人は、もともと体臭の少ない民族です。
最近、日本人に体臭がきつい人が多くなったのは、食事が欧米化したことが一つの原因だとされています。
かつての日本人は、肉類や乳製品をあまり食べず、野菜たっぷりで穀物中心の食生活でした。
肉などの動物性のたんぱく質や脂肪は体臭になりやすい食材で、野菜や穀物などはにおいになりにくい食材です。つまり、日本食には体臭になりにくい食品がたくさん含まれているため、日本人は体臭が少なかったのです。
日本食は、体臭予防の食事としては最適といえます。

体脂肪と体臭の関係

太っている人や体脂肪のある人は、痩せている人に比べて、汗をかきやすいといえます。
汗は無臭ですが、汗をそのままにしておくと菌と結びついて、不快なにおいを発生させていきます。ですから、汗をかきやすい人(体脂肪のある人)は、体臭を発生しやすく、体臭がきつくなる可能性が高いといえます。

もちろん、汗は本来ならば無臭ですから、自分の汗を拭いたりすることで、体臭は防ぐことができます。

体臭を出す病気もあります

病気が原因で、きつい体臭を出していることもあります。体臭が病気のサインになっているケースです。

糖尿病

体内で糖の代謝がうまくできない糖尿病の場合、体臭は甘酸っぱいにおいがします。

腎臓病全般

腎臓機能が低下すると、体臭はアンモニア臭がするようになります。
腎臓機能が低下していると、アンモニアが体内からうまく排泄できず、汗や呼吸に混ざってしまうためです。

肝臓の病気

肝臓機能が低下したときや肝臓の病気のときには、におい物質の分解機能が落ちているため、体臭はカビ臭がします。

胃潰瘍や胃腸の病気

胃腸の病気になると、消化不良が原因で腸ではにおいが異常発酵し、それが「口臭」となってあらわれます。その場合、腐った卵のようなにおいがします。

対処法

現在は、体臭対策のケア製品はたくさん出ています。体臭サプリメント、石けん、制汗剤、デオドラント剤・・・。
体臭にも個人差がありますし、それぞれに合った製品があると思います。試しながら、自分にマッチした体臭デオドラント商品を探してみましょう。

自分の体臭を隠すために、香水をたくさんつけている人もいますが、注意したいところです。強烈に香水のにおいをさせていると、周囲で気分を悪くする人もいます。
体臭予防は、まずは入浴でにおいの元である汗を洗い流すことが大前提。それから、ボディクリームや制汗剤、消臭クリームなどを使ってケアをすることです。汗をそのままにして、いくら香りでケアをしても、体臭と一緒になるとより不快感を与えてしまうことにもなります。注意しましょう。
最近の制汗消臭クリームは、しっかり塗れて効果も高く、体臭対策になります。

ページトップ