頭・頭皮・髪

「頭がにおう・・・」と感じるとき、それは頭皮のにおいかもしれませんし、髪の毛のにおいかもしれません。
頭がにおうのは、「頭皮が原因」のケースと「髪の毛が原因」のケースがあるようです。

頭皮がにおう原因

頭皮には髪の毛が生えていて、毛穴が集中しています。
この毛穴に、皮脂などの汚れが詰まると、酸化してにおいを発生させていきます。さらにこの皮脂が雑菌と結びつくと、においを強くさせていきます。
また、フケが雑菌のエサになり、それによってカビや菌などを繁殖させ、においの原因になっていることもあります。フケはそもそも、新陳代謝によって落とされていく、古い頭の皮膚です。フケ自体は無臭なのですが、フケは菌の栄養分になります。それによって、フケが多い人は、頭皮のにおいが強くなることが多いのです。

におう原因:毛穴に詰まった皮脂
におう原因:フケ

髪がにおう原因

「髪から焼き肉のにおいがする」「髪からタバコのにおいがする」・・・。そんな経験をしたことがあると思います。このように、髪は空気中のにおいを吸着します。
頭のにおいと思っていたのは、においを吸着した髪の毛のにおいであるケースもあるのです。

特に女性は髪の毛が長い人が多いですが、長い髪はそれだけ吸着面積が広いわけですから、その分においもたくさん取りこむことになるようです。

におう原因:においを吸着した髪の毛のにおい

におい対策

頭のにおい対策は、やはり頭皮と髪を清潔にすることが一番です。
使うシャンプーや洗髪の仕方など、ポイントをまとめました。

洗髪の仕方

毎日シャンプーをしているのに、頭皮がにおうという人は結構いるものです。
においの原因になっている、頭皮の毛穴に詰まった皮脂を落とすためには、どんなシャンプーを選べばいいのでしょうか。

合成界面活性剤入りのシャンプーは、皮脂をはがし過ぎるために、頭皮や髪を傷め、それがフケの原因になることもあるようです。また、合成界面活性剤入りのシャンプーは洗髪後にシャンプーが残りやすく、地肌の荒れやフケの原因になります。つまりは、においの元をつくりやすいのです。
おすすめは、石鹸シャンプーです。

洗髪は、髪そのものを洗うというよりも、頭皮の地肌をマッサージするように、指の腹で地肌を洗ってください。頭皮に皮脂が残るとにおいが強くなります。
シャンプーの後は、よくすすぐことが大事です。シャンプーが地肌に残ると、フケの原因になります。

また、頭皮の毛穴に詰まった皮脂をシャンプーでは落とせないと思うときは、頭皮のクレンジングをすることもおすすめです。

洗髪後、頭皮や髪の毛を濡れたままにしておくと、雑菌が繁殖しやすくなり、それが頭皮のにおいになることもあります。髪の毛はしっかりと乾かしてから就寝するか、出かけるようにしましょう。

頭のにおい対策・日常生活編

頭皮のにおう人が整髪料などを使用する場合、無香料タイプの商品をおすすめします。香りのある整髪料を使用すると、頭皮のにおいと相まって、においが複雑化し、不快なにおいになります。

食事の内容を変えることでも、頭皮のにおいを軽減することはできます。
体内で活性酸素を発生させると、頭皮のにおい、さらには体全体の健康に悪い影響を与えていきます。
高カロリーで高脂肪の肉食中心の欧米型の食事は、体を酸化させやすいといわれています。肉類を控え、抗酸化作用のある食品(納豆や豆腐、くだものや緑黄色野菜)を多く使った和食は、おすすめです。

ストレス、タバコ、お酒なども、頭皮にフケを増やす原因になるようです。頭のにおいが気になる人は、生活習慣の見直しが必要なこともあるでしょう。

ページトップ