女性として、常に自分のにおいケアはしっかりとしていきたいものです。
注意していきたい自分の体臭ですが、「耳のにおいとワキガは関係する・・・」という説があるそうです。本当でしょうか?検証します。

耳垢とワキガの関係

人の体にある汗腺は2種類あります。それが「エクリン腺」と「アポクリン腺」です。
「エクリン腺」は、全身にあり、汗を出すことで体温の調節などを行っています。成分の99%は水分で、サラッとしています。
「アポクリン腺」は、ワキの下、へその周り、外耳道、外陰部・・・などの場所にあります。そして、このアポクリン腺から出る汗が、体臭の原因になっています。いろんな成分を含み、やや粘りのある汗です。

私たちの耳には、アポクリン汗腺があります。
耳垢が湿っている人は、耳垢がパサパサしている人よりも、耳にアポクリン汗腺が多い人であると考えられ、そういう人はワキガになりやすいと言われています。
一般的に、ワキガ体質の人はアポクリン汗腺が多い人と言われています。

ですから、「耳がにおう人はワキガになりやすい」のではなく、「耳垢が湿っていると、ワキガ体質の可能性がある」ということです。

ちなみに、「耳がくさい、耳がにおう」・・・ということは、耳垢や汚れがたまることでも起こるそうですし、中耳炎や耳だれなど耳の病気になっていることでも起こるそうです。
耳から嫌なにおいがするときは、専門医にみてもらいましょう。

ページトップ