仕事中や出勤時に汗をかいた時のケア

汗ばむ季節には、仕事中や出勤時に汗をかくことが多くなります。かいた汗をそのままにしておくと、雑菌が繁殖して、嫌なにおいを発生させてしまいます。
こうした体臭を防ぐためには、汗をきちんと取り除くことが大事です。

ただ、仕事中にシャワーを浴びることはできません。汗をかいたときの簡単なケア方法を知っておくと、体臭予防にも効果が得られるでしょう。

仕事中や出勤時に、汗をかいたときの対処法

汗をかいたら、こまめに汗を拭く!

汗が体臭の原因になりますから、しっかりと汗を拭くことが大事です。
タオルやハンカチで拭くよりも、濡れているもので拭いた方が、汗がしっかりと取れます。タオルなら、乾いたタオルよりも濡らしたタオルで汗を拭くことで、しっかりとにおいの元が取れるでしょう。

また「汗ふきシート」「デオドラントシート」などの商品は、汗をとるための濡れたシートですので、これを使用するとより効果的かもしれません。商品によっては、パウダー成分が配合されていて、汗や皮脂を吸い取るだけでなく、汗をかきにくくする効果があります。
こうした商品で汗を拭き取ると、スッキリした爽快感があります。仕事中のリフレッシュにもなりそうです。

汗を拭いた後、携帯デオドラント商品を

かいた汗を拭きとったら、携帯用のデオドラント商品などを使うことで、万全なにおい対策になります。体臭の予防は、「汗を拭いてから、デオドラントケア」です。

着衣に汗がしみ込んだら、着替える!

夏などは通勤するだけで汗がたくさん出ます。
汗がしみ込んだ着衣をそのままにしていると、体から発生したにおいがうつりやすく、着衣を通して周囲に嫌なにおいを発散させることになります。これがまた、強烈なにおいになってしまいます。

女性でも汗かきの人や体臭が気になる人などは、あらかじめ着替えを用意して出勤し、汗のしみこんだ衣類をロッカー室やトイレで着替えることをおすすめします。
もちろんそのときは、においの元になる体の汗をふき取ることも忘れずに。

汗をとめるポイントを知っておく

動脈をつめたいタオルなどで冷やすと、汗を抑えることができます。
首筋、脇の下、手首・・・などが、動脈の通っている箇所です。止まらない汗を止めたいとき、試してみてください。冷えたペットボトル、保冷剤などを利用してもいいでしょう。

このにおいにも注意

香水

香水をつけすぎて、周囲に迷惑をかけている人がいます。商談中は特に、相手との距離も近いので、注意しましょう。自分が好きな香りでも、香水のつけすぎは香害となります。どうしてもつけるなら、微香を心がけることです。

タバコ

喫煙する人は、自分がタバコを吸った後のにおいの始末をきちんとしましょう。
女性でも口からタバコのにおいをさせている人もいますし、髪や洋服からタバコのにおいを周囲ににおいを振りまいている人もいます。
今は嫌煙家が多い時代ですので、タバコのにおいで不快な思いをする人は増えています。商談時には特に注意しましょう。

化粧

仕事の休憩時間に、トイレでお化粧直しなどをして、身だしなみを整える女性がいます。その場合気をつけたいのは、香りの強い化粧品の使用です。
化粧品の香料をプンプンさせている人もいますが、商談中に化粧品の香りが強く感じられるというのも、やはり相手に不信感を与えてしまいます。

ページトップ